2006年07月24日

フォーレのレクイエム(7/22)

先週の土曜、県民会館大ホールに混声合唱団北声会揺れるハート第40回定期演奏会を聴きに行った。
節目を記念して、G.フォーレ作曲のREQUIEMをメインにしていた。
合唱ファン垂涎の1曲だ。
クラシックの名曲としても名高い。
団員に加えて、一般公募による【フォーレ「レクイエム」を歌う会】のみなさんが緻密な稽古を積んできたことを知ってもいたので、
楽しみが一入だった。

その演奏は、努力の甲斐が遺憾なく発揮された。
しかし、私が感動したのは演奏が巧くいったからだけではなく、
魂を確信する思いがひとつになっていたからだった。

会場は、まさしく魂魄が相和して、幸せなハーモニーを愛でていた。
演奏者と観客に違いはなく、また、
生ける者と昇りゆく魂にも違いはなく、ひとつの透明な光に包まれていた。

私はキリスト教徒ではないし歌詞のラテン語も理解しきってはいないが、
心を素直に開きさえすればわかること…
魂は永遠だ。

みなさん、どうもありがとう。
この記事へのコメント
はじめまして^^

過日18日、仙台ゴスフェス拝見してきました。
写真沢山UPしてみましたので、ご覧になってください。

「いい神の声」でした。
来年も観に聞きにお伺いします^^;


        白ジャケットのfunより(笑)


 http://tomoron1020ss.da-te.jp/ 

 http://blogs.yahoo.co.jp/camel_de_happyss
Posted by きゃめ at 2006年11月20日 09:31
きゃめさん感謝です!
すごく素敵な写真でした!要チェック!!(ひーちゃんのネクタイも見てね>。<)
白ジャケ・・・ちらほら・・・っておいらかい!
アーケードが手伝ってか実力か気持ちいい♪
反省点は後ほど先生からダメだししてもらうことにして、幸せなひと時でした^^
リハなしで歌ったくちパッカーちゃん♪最高^^v
さすが「盛ゴスの歌姫」次はフェザンだよ。お里帰り待ってます。
さてさて、今週の金曜は練習だよ〜!ミニコンサートにむけてテンション上げていこうぜ!


Posted by at 2006年11月20日 13:00
二度目のレスです^^;

「白ジャケ」改め「クリームジャケ」でどうですか?(笑)

 赤ブーツのアクセントがまるで「X’mas」でしたがワンポイントで「グリーン」のバンダナ等のアクセサリーが欲しかった(。-_-。)のは私だけ・・・ですネ。

 幸せなひと時ありがとうございました^^;
Posted by きゃめ at 2006年11月20日 14:24
きゃめさん

わたくしのことでしょうか〜(笑)
たくさん写真撮っていただきありがとうございます^^

やっぱり野外は気分が高まりますね♪気持ちが良いです。

来年参加が許されましたら、グリーンの小物も取り入れたいと存じます^^
Posted by くちパッカー at 2006年11月21日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レクイエム
Excerpt: レクイエムレクイエム(Requiem、レクィエムとも書く)は、ラテン語で「安息を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。(概論を参照のこと).wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: クラシック音楽大全
Tracked: 2006-08-09 03:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。